iMac 足が歪んだ修理

iMacの足が歪んだお話

数多くの修理をしておりますが、iMacの足が歪むのってなかなか聞かないお話です。iMacを壁に掛けたりするため、足を取りたいってことはあるのですが、iMacの足が歪むのは衝突事故か、はたまたブン投げられた時ぐらいと思っておりました。
実際に修理機を見てみると~、ハイこの通り。比べて見るとよくわかります。

       

年季が入った猫背って感じです(笑) お客様に確認を取ると、やはり運送事故とのこと。ん~まさか本当にブン・・・さあ修理いたしましょう!!

こんなに足が曲がっているのに、他の部分が大丈夫だって言うのが凄いです!iMacの足=スタンド部分の交換は、ほとんどぜ~んぶ取り外しです。カチャカチャカチャ・・・。
こんな感じでスッカラカン。真ん中の部分が、スタンドと本体を接続する部分ですので、これでやっと交換出来ます。
取り外したパーツを元にもどしてハイ完了。最後に筐体全体の清掃をして作業終了。

運送事故ってなんだか勿体ない気がします。元気に動いていた機械なのに、運んだだけで壊れてしまって、それを修理しなければジャンク品にされたり、パーツ取りにされたり、悲しくないですか?・・・そう思いませんか運送屋さん?