Mac 初期化とフォーマット形式

mac 初期化・フォーマット一覧
この記事は

Macのバックアップ用の外付けハードディスクなどを購入されてフォーマットを迷われている方や、USBメモリでの受け渡し時にフォーマットをどれにすればいいのか等のご質問が多くございますので、フォーマットを一覧でまとめました。

index

Mac Windowsフォーマット形式

HFS特徴・古いMacOS (OS9~Mac OS X 10.5 Leopard)1ボリューム 2TB / 1ファイル 2GBまで
・基本的にMacintosh専用
注意点・OS X 10.11 (El Capitan)まで
HFS+特徴・10.3以降対応 Mac OS拡張フォーマット Macintoshの標準フォーマット
・基本的にMacintosh専用
注意点・Windowsではユーティリティを使用して読取、書込が可能
 Bootcamp/HFSExplorer/jhfsplus/MacDriveなど
APFS特徴・SSDに最適化された64bit化されたフォーマット
・mac OS 10.13 High Sierra(10.13.6)以降に対応
注意点・10.12 Sierra以前のOSでは対応していない
FAT32特徴・汎用的なフォーマット
・1つの領域として確保できる容量は最大2TBまで
注意点・1ファイルの容量は最大4GBまで(Windows 98/98Seの場合は2GBまで)
・Windows 2000、Windows XP、Windows Vistaの場合、フォーマットされた領域作成はOSの制限で32GBまで
NTFS特徴・現在のWindowsシステムの標準フォーマット
・1ファイルが4GB以上でも保存可能。(容量制限なし)
注意点・Windows Me/98SE/98/95、Windows NT(※)、Windows 3.1、DOSなどでは使用不可
※Windows NT4.0はNTFSに対応
exFAT特徴・汎用的なフォーマット FAT32の拡張であり今後の外部メディアの主流
・1ファイルが4GB以上でも保存可能。(容量制限なし)
注意点・Windows XP SP2/SP3をexFAT形式に対応させるためには、更新プログラムを適用する必要あり
・内蔵ハードディスクには適用できない

OS別 フォーマット対応表

HFS+APFSFAT32NTFSexFAT
Mac OS 10.5×△読込×
Mac OS 10.6.5~×△読込
Mac OS 10.13.6~△読込
Windows XP××○32GBまで×
Windows XP SP2~××○更新プログラムで対応
Windows Vista××○32GBまで×
Windows Vista SP1××
Windows 7~××
happy.mac

WindowsとMacのデータの受け渡しなどがあった場合は、exFATがいいかもしれませんね。

パーティション方式

GUIDパーティションマップ(GPT)・2TB以上の容量を扱える 現在の主流
・Intel,ARM (Apple silicon)
マスター・ブート・レコード・上限 2TBまで / 1ファイルサイズ 4GBまで
・Macでは起動ディスクとして使用不可
Apple パーティションマップ・上限 2TBまで / 1ファイルサイズ 4GBまで
・PowerPCベース
happy.mac

普通に使用するのであれば、GUIDパーティションマップを選択すればOKです。

APFSとHFS+

HFS+(MacOS拡張)からAPFS(Apple File System)がデフォルトフォーマットに変わり、多くのメリットがありますが、同時に機器・使用環境においては、デメリットもいくつかあります。
特に古いMacとのデータのやり取りでは、HFS+でないと扱えないこともあります。

HFS+APFS備考
ファイル管理32bit64bit64bit:多くのファイルが扱える
ファイルコピーシングルスレッドマルチスレッドマルチスレッド:高速
パーティション容量固定可変可変:容量の変更が可能
CoW(コピーオンライト)非対応対応対応:ファイルコピーが高速
スナップショット非対応対応対応:TimeMachineなどで有効
TimeMachineフォーマット対応macOS 11 Big Sur以降古い機器ではAPFSは未対応
ストレージ対応HDD・FusionDriveに最適化SSDに最適化

外付HDD,USBメモリなどをMacで初期化する方法(フォーマット)

ここでは、USBメモリをexFATにフォーマットしてみます。

アプリケーションのユーティリティの中にある”ディスクユーティリティ”を起動
USBメモリ(外部)を選択して消去をクリックします。

ディスクユーティリティを起動

名前をつけフォーマットをexFATを選択します。

USBメモリをフォーマット

フォーマットが完了しました。

フォーマットが完了
最後に

Macでは、長年HFS+が使用されてきました。Windowsなど含めるといくつかのフォーマットの種類がありますので”ざっくり”とでもいいので、覚えておくと便利にご使用いただけるかと思います。

macLab担当

フォーマットの前は、必ず消去してもいいか確認をしてくださいね~

mac 初期化・フォーマット一覧

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
index