アプリケーションが壊れているため開けません。SIP(System Integrity Protection)を一時的に無効化する方法。

はじめに

インストールを行おうとした時や、インストールしたアプリケーションを開こうとすると 「壊れているため開けません。ゴミ箱に入れる必要があります。」と出てきて開くことができないことがあります。SIP(System Integrity Protection)を一時的に無効化することで、開くことが出来る場合がありますので、備忘録として記載致します。

壊れているため開けません

SIP(System Integrity Protection)の無効化

SIP(System Integrity Protection)とは、システム整合性保護のことで、OS X EL Capitan以降導入されたセキュリティ技術をいいます。

一時的にこのセキュリティを無効化することで、アプリケーションのインストール・起動や設定などを行うことが出来ることがあります。

※但し、あくまでも一時的に行い、後で元に戻すことをお勧めいたします。

リカバリーモードから起動

Intelモデルの場合

起動時に「command」キーと「R」キーを同時に押します。

コマンドキーとRキーを同時に押す

Apple Siliconモデルの場合

起動時に電源ボタンを長押しします。

電源ボタン長押し

起動選択画面で「オプション」を選択して続けるをクリックします。

起動からオプションを選択
起動セキュリティユーティリティの変更

Apple Siliconモデルでは、SIP(System Integrity Protection)の無効化と起動セキュリティユーティリティで「低セキュリティ」に変更する必要があります。

メニューのユーティリティ / 起動セキュリティユーティリティを選択します。

起動セキュリティユーティリティを起動

セキュリティポリシーをクリック

セキュリティポリシー

「低セキュリティ」にチェックを入れ、「確認済みの開発元から提供されたカーネル機能拡張のユーザ管理を許可」にもチェックをいれます。

低セキュリティを選択

ターミナルへ進みます。


リカバリーモードから起動したら、メニューからユーティリティ / ターミナルを起動します。

ターミナルを起動

SIP(System Integrity Protection)の無効化

ターミナルが起動したら、下記コマンドを入力、Enterします。

csrutil disable

コマンドを入力

成功すれば、SIP(System Integrity Protection)が無効化されます。

※モデルにより若干かわります。Password入力の有無、(Y or N)の入力など。

再起動して、アプリケーションをインストール・起動してみましょう。

コマンドを実行

SIP(System Integrity Protection)の有効化

無事アプリケーションが起動できれば、再度リカバリーモードから起動、ターミナルを起動して下記コマンドを入力、Enterします。

csrutil enable

成功すれば、SIP(System Integrity Protection)が有効化されます。

コマンドを入力

後は、再起動してアプリケーションを使用することが出来るかと思います。

最後に

SIP(System Integrity Protection)を一時的に無効化する方法をご紹介いたしました。作業終了後には有効化することをお勧めいたします。

macLab担当

以上、macLabでしたー !!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!