MacでLinuxをインストール Mac用にキーボードを設定

Macにlinuxをインストール、Mac用キーボードを設定
index

Mac用キーボードを使えるようにする

はじめに

前回、MacにLinuxをインストールしましたが、デフォルトではMac用キーボードが使用しづらい状態となっています。今回は簡単な設定変更でキーボードを使いやすくする方法をご紹介します。

MacにLinuxをインストールはこちらから

入力設定

キーボード入力ですが、デフォルトではとても入力しづらい状態です。いくつか設定することで入力しやすくなります。
いろんなWebサイトでも設定方法が紹介されていますが、シンプルで簡単に入力・変換などがしやすい方法をご紹介します。
基本的に「英数」キーを、Windowsの「半角/全角」キーのように使用する設定です。「かな」キーを生かした設定をしようとすると、いろいろな弊害も出てきますので、シンプルにご使用いただけるように設定をします。

IMF(インプットメソッドフレームワーク)のインストール

IMF(インプットメソッドフレームワーク)とは?

IMF(インプットメソッドフレームワーク)は、「Mozc」などのIM(インプットメソッド)と言語を入力するアプリケーションの間を結び付ける役割を担っています。

タスクバーのメニュー "設定"より "入力方式" を起動します。

設定の入力方式を選択

日本語を選択、"言語サポートのパッケージをインストール" インストールをクリック

インプットメソッド日本語を選択

"追加ソフトウェアをインストールする必要があります" と出ますので続行

インプットメソッドインストール

完了したら、上部のインプットメソッドフレームワークを "Fcitx"を選択します。
この段階で、一度再起動してください。

インプットメソッドFcitxを選択

キーボード配列の変更

Mac用キーボードの 「英数」「かな」は、デフォルトで割り当てられていません。
キーボード選びなおしてあげることで、「英数」「かな」が使用できるようにします。

システム管理より"端末 (ターミナル)"を起動します。
※タスクバーの"端末 (ターミナル)"からも起動できます。

コマンドラインの起動

以下のコマンドを入力します。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

コマンドを入力

このマシンのキーボードのモデルを選択
"Apple Aluminium (JIS)"を選択

※矢印キーで <OK> <Cancel> が選択できます。選択してEnterします。

keyboard-configurationキーボードモデルの選択

キーボードレイアウト 国の選択
"Japanese"を選択

keyboard-configuration国の選択

キーボードレイアウト
"Japanese"を選択
※(Macintosh)を選択すると、変換がおかしくなります。

keyboard-configurationレイアウトの選択

修飾キー
"キーボード配置のデフォルト"を選択

keyboard-configuration入れるの選択

コンポーズキー
"コンポーズキーなし"を選択

keyboard-configuration修飾キーの選択

強制終了キー
<No>を選択

keyboard-configurationコンポーズの選択

keyboard-configurationの設定が完了しました。

keyboard-configuration設定完了

keyboard-configurationの設定確認

Mac用キーボードの 「英数」「かな」が割り当てられているか確認します。

ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力します。
xev

キーの割り当てそ調べる

この状態で「英数」キーを入力します。
keycode 131 / Hiragana_Katakana と確認できます。

キーの入力は確認できるのですが、「英数」キーが ”Hiragana_Katakana”となりますので注意が必要です。

かなを入力

同じく「かな」キーを入力します。
keycode 130 / Eisu_toggle と確認できます。

こちらもキーの入力は確認できるのですが、「かな」キーが ”Eisu_toggle”となりますので注意が必要です。

英数を入力

インプットメソッドの設定

IMF(インプットメソッドフレームワーク)のインストール時に"IBus"と"Fcitx"がインストールされましたが、"IBus"ではうまく変換ができなかったため、ここでは"Fcitx"で設定していきます。日本語入力は、Mozcを使用します。

タスクバーのメニュー "設定"より "Fcitx" を起動します。


1番上は”キーボード-Japanese" 直接入力
2番目がMozc 日本語入力

MozcとJapanese

タブから、”全体の設定”を選択
”入力メソッドのオンオフ”右側 「Zenkakuhankaku」をクリックします。
※この時点では、「Ctrl+Space」キーかWIndowsキーボードの半角/全角キーでIMを変更することになっています。


クリックすると、キーを選択する画面になりますので、「英数」を入力します。
”入力メソッドのオンオフ”右側が「Hiragana_katakana」 になります。
※「英数」を入力ですが、「Hiragana_katakana」 となります。

IMのオンオフの切り替えを変更する

入力テストをしてみます。
オフィスの "LibreOffice Writer"を起動します。

アプリケーションLibreOffice Writerでテスト

「英数」を入力して、Mozcで日本語入力しました。

日本語入力

再度「英数」を入力して、直接入力しました。

直接入力

最後に

MacでLinuxを使用する際の、Mac用キーボードの設定方法をご紹介いたしました。他にも設定方法はあるかと思いますが、簡単に使用し続けられるように考えてご紹介いたしました。

macLab担当

Linux Mint OSに限らず、Macのことならなんなりと!!

Macにlinuxをインストール、Mac用キーボードを設定

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
index