MENU
MacOS 一覧
シリアルナンバー確認
モデル一覧 ノート
モデル一覧 デスクトップ

VMware Fusion 13.5 M2 MacとWindows11のファイル共有

vmware-fusion-13-5-share
この記事は...

Apple Silicon MacにインストールしたVMware Fusion 13.5で構築したWindows11 ARMではMacとのファイル共有がサポートされていません。
お客様より共有方法のお問い合わせをいただきましたので、ご紹介いたします。

VMware Fusion 13.5で構築、M2 MacにWindows11をインストールはこちら

VMware Fusion Pro 13 ダウンロード・インストールする方法

index

VMware Fusion 13.5 M2 MacとWindows11のファイル共有

テスト機材

MacBook Pro情報

MacBook Pro 13-inch M2 2022

  • Apple M2チップ 8コアCPU/10コアGPU
  • 8GBユニファイドメモリ
  • 256GB SSD
  • OS : macOS 14 Sonoma (14.5)

M2 MacBook ProにVMware Fusion 13.5をインストール、Windows 11 ARMをインストールしました。
今回はこのために構築したため、ほぼデフォルト状態です。

VMwareバージョン情報

VMware設定

メニューの「仮想マシン」から「ネットワークアダプタ」を「NAT」から「ブリッジ」へ変更します。

※一般的に多いDHCPよりIPアドレスが振り出されている前提でおこなっております。

ネットワークアダプタの設定変更

Mac側の設定

「システム設定」から左ペイン「一般」から「共有」を選択します。

システム設定の一般

ファイル共有」のチェックを入れて右側の「i」をクリックします。

ファイル共有

「"smb://192.168.1.19" でアクセスできます」とありますので、ここでは、アクセスIPアドレスは192.168.1.19となります。

続けて「オプション」を選択します。

ファイル共有設定

「Windowsファイル共有」のアカウントのチェックを入れます。
※ここでのMacへのログインアカウントは「user」となります。

Windowsファイル共有

ログインアカウントのパスワードを入力します。
※Macのログインアカウントのパスワードとなります。

パスワードを入力

Windowsからアクセス

タスクバーのエクスプローラーを起動します。

タスクバーのエクスプローラー

アドレスバーに先程のIPアドレスを入力します。

入力する際に、\\(エンマーク)を2つ入力、続けてIPアドレスを入力します。
ここでは、\\192.168.1.19 となります。

アドレスバーに入力

アカウントID、パスワードを入力します。

ID,パスワードを入力

Macのフォルダへアクセスできました。

フォルダへアクセス
happy.mac

細かく設定すれば、任意のフォルダへアクセスしたりも可能です。

最後に

VMware Fusion 13.5 でM2 MacとWindows11のファイル共有する方法をご紹介いたしました。

macLab担当

以上、macLabでしたー !!

vmware-fusion-13-5-share

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
index